働き方改革のための有効手段!データ入力代行サービス|Sales Support System
HOME>トピックス>働き方改革のための有効手段!データ入力代行サービス

働き方改革に活用

技術や営業などの貴重な人材が、本来の業務である設計や販売業務など以外に単純なデータ入力で時間を取られてしまっている場合があります。近年のデータは膨大になっており、入ってくる情報を分析するために膨大な数のパソコン入力が必要ですが、入力だけでは業務は進みません。そのデータ処理のために、かえって本来の業務がおろそかになってしまう事もあります。又、データ入力で残業や休日出勤などするのはもったいない話です。長時間残業を抑えて働き方を行うには、仕事のシェアが必要です。そこで、単純なデータ入力は「データ入力代行」の外部業者に委託するという手段があります。

コスト削減に有利

「データ入力代行」を利用すれば、人件費コストの大幅削減につながります。専門にデータ入力を行うので、安いコストで請け負ってもらえますし、大量で単純な入力は、海外の安い人件費を使用してさらにコストを抑えることも可能です。又、優秀な技術者などの時間を空けて、本来の業務に専念してもらうことでも、目に見えない大きな効果があります。さらに外部業者でもOCR、画像認識、AIの技術を積極的に採用して、正確性とコストを追求しています。

セキュリティー対策も万全

データ入力代行で一番心配なのは、セキュリティー対策ですが、どこの業者も万全な体制を取っています。実際に業務を行う社員には、取引先の情報を漏らすことの無いように契約を交わし、通常取引会社名は秘密です。もちろん、取引先とは秘密保持契約を交わします。データを保管するサーバーはセキュリティーが強固に守られる対策が施されています。海外への委託先で情報流出があった事例がニュースになりましたが、その当時よりセキュリティー対策も進み、問題が無くなっています。

様々なサービスを実施

データ入力代行はサービスも多様化されています。名刺・名簿・帳票やアンケートなどの入力だけでなく、入力したデータの分析まで可能です。さらに入力するための情報収集も可能です。テーマさえ与えればインターネットから情報を収集して入力し、分析して使えるデータにしてもらえます。これによって、社員業務の大幅削減が可能となります。

広告募集中